Be-project|多目的トイレマップ

Be-project

多目的トイレマップに参加しましょう

多目的トイレマップ|ユーザー参加型のウェブサイト

多目的トイレマップ

多目的トイレマップは、全国の多目的トイレの情報を共有するウェブサイトです。
最大の特徴は「ユーザーが多目的トイレの情報をウェブサイトに提供し、その情報をほかのユーザーとともに共有する」というもので、トイレの状況がユーザーの視点から評価されるため、ほかのユーザーにとっても有用性の高いものとなっています。
Be-projectでは、全国の皆様に多目的トイレマップ作りへの参加をお願いしています。

使い方は簡単

多目的トイレマップの使い方はとてもシンプルです。
例えば何かのイベントに参加するときに、そのイベント会場付近でトイレがどこにあるのかを確認したいと思ったら、イベント会場の住所を所定のフィールドに入力します。すると、その近隣のマップが表示されると同時に登録されている多目的トイレの場所や評価(5段階)が分かるようになっています。そのマップ上にあるトイレを選択すると、そのトイレのある施設名や画像を確認することが出来ます(登録されていない画像は表示されません)。
多目的トイレの検索は住所や施設名からだけでなく、検索した場所で「いま利用できる多目的トイレ」の検索も可能です。公共施設ではトイレの利用時間に制限があるため、この時間帯検索はとても便利です(時間帯は目安であり、施設によっては利用時間が変更されている可能性もあります)。

多目的トイレマップは、最大限に活用していただくために様々な情報端末に対応しています。
携帯電話はもちろん、一部のデジタルテレビやカーナビに対応。また、インターネットに接続できるゲーム端末の多くが対応しているほか、フレッツフォンなどのテレビ電話でも利用可能です。

情報を発信

情報の提供には「多目的トイレマップ」へのユーザー登録をする場合と、ユーザー登録をしない場合で少し違いがあります。
ユーザー登録をして多目的トイレの情報を送ると、すぐに情報が「多目的トイレマップ」に反映されるのに対して、ユーザー登録をしない場合は「多目的トイレマップ」事務局の認証を得てから情報が公開されます。また、ユーザー登録をした場合では登録した情報の修正は可能ですが、ユーザー登録をしていない場合は情報の修正が出来ないようになっています。ユーザー登録は無料で、メールアドレスが必要です。

参考URI:
多目的トイレマップ:http://wc.m47.jp/
多目的トイレマップの特徴:http://wc.m47.jp/pr.html